2万人アンケートの実施

中央青年部会の需要開発研究委員会が企画立案・とりまとめをし、全国の青年部員が調査を実施する「クリーニングサービスに関する消費者意識調査(通称「2万人アンケート」)」が、今年も9月20日からいよいよ始まります。委員会の中でも「クリーニングの基本はやはり各家庭から出される衣類であるが、その実態がどのようになっているのかを本当に知っている人は少ないのではないだろうか。
我々商売をやっている者の希望的観測が入り混じった考えではなく、実際のお客様が家庭洗濯を通じてどのような経験をしているか、実態を明らかにしたい」と話しており、《1.家庭にある洗濯機器》、《2.家庭洗濯で失敗した経験》などを調査することとしました。

すでに各都道府県青年部長宛にアンケート用紙を送付しており(1青年部員当たり15人の消費者に調査)、中青会が推奨する街頭アンケートに取り組むのは12青年部に達しています。
また、中青会ホームページ上でも同様のアンケートをWEB版として行うこととなっており、特にここ数年は1000件以上の回答があるため、今年もその成果が大いに期待されるところです。
スケジュールは下記の通りとなっており、全国の青年部員の皆さんは、ぜひともご協力をお願いします。また、今年も恒例の青年部向けアンケートも実施しており、そちらも重ねてお願いいたします。

★9月20日(土)〜10月19日(日)=アンケートの実施期間
★11月2日(日)=各都道府県青年部の指定場所へ、アンケート結果提出
★12月5日(金)=各都道府県でのアンケート結果を中青会へ報告。中青会では集計と分析を行う
★来年3月下旬頃=報告書の完成