ポリウレタンの注意事項

中央青年部会の需要開発研究委員会では、令和元年度のクリーニングサービスに関する利用者意識調査「経時劣化に注意が必要な素材について」の実施に伴い、利用者への啓発リーフレットとして「ポリウレタンの注意事項」を作成しました。

近年では、圧着によりキルティングした、いわゆる「シームレスダウン」の経時劣化による圧着剥離の問題が発生し、クリーニング店でもお客様への情報発信や取扱いに関する注意が求められています。また、シームレスダウン以外にも従来より①合成皮革、②接着樹脂/ボンディング加工、③コーティング加工布、④ストレッチ加工糸(弾性糸)には経時劣化に注意が必要なポリウレタンが用いられています。

これらの素材は見た目を皮革に似せたり、接着剤として貼り付けたり、伸縮性などの機能を持たせることが可能な一方で、空気中の水分による加水分解や紫外線、熱、着用による汚れなどにより、通常は製造から2~3年で劣化することが明らかになっており注意が必要です。

このことから、「避けることのできない経時劣化が生じる製品」について消費者に啓発し、リスクを踏まえた製品の購入や洗濯(クリーニング)の判断ができるよう周知することを目的に本リーフレットを作成しました。
店頭でのお客様への情報発信に、ぜひご活用ください。

■お客様への説明ツールとしてプリントし自店でご活用ください。
■販売物等、金銭の授受が生じる製作物への掲載は禁止します。
■ダウンロードしたデータを自店で使用せず第三者に販売・譲渡すること等、二次配布を禁止します。
※掲載されている画像の全ての著作権は全国クリーニング生活衛生同業組合連合会中央青年部会に属しており、これを無断で複製、改編することを禁じます。また、ダウンロードにあたっては、これに同意されたものとみなされます。

ポリウレタンの注意事項 ダウンロードページへ

(ダウンロードにはパスワードが必要です)

※POP(PDFファイル)をご覧いただくにはプラグイン Adobe Reader(アドビ リーダー)が必要です。
Adobe Readerは下記バナーをクリックして頂くと無料ダウンロード出来ます。
Get_Adobe_Acrobat_Reader_DC_web_button_158x39.fw